合宿免許の料金を安くするコツ

合宿免許の料金は、たとえば受講生個人がホテルを予約して連泊し、そこからドライビングスクールに通うような方法にくらべると、かなり安上がりにはなっているはずです。

これは、合宿免許は期間やカリキュラム、定員をドライビングスクールがあらかじめ設定できるため、人員のやりくりが容易でムダがないことや、一度にまとまった室数の予約と引き換えにホテルなどの宿泊代を値引きしてもらえることなどがその理由といえます。

しかし、それでも合宿免許の料金というのは数十万円はかかるものですので、なるべく料金が少なくてすむようなかしこい方法を考えたいものといえます。



そうした場合ですが、たとえば合宿免許を受ける季節を変えるという方法があります。夏休みや秋の紅葉シーズンといった、一般の宿泊客の需要が多い時期には宿泊代は割高になりますので、そこをあえて避けて不人気なシーズンの合宿免許を選択すれば、トータルの料金も安くおさえることができます。



また、ドライビングスクールが所有している宿舎が宿泊先になっているプランや、現地での食事が提供されないプランを選択するという方法もあります。
ホテルをまるごと貸しきる場合に比べて、ドライビングスクールの自社所有の宿舎であれば、サービス料などの出費がありません。

食事なしのプランについては、現地のスーパーで食料を調達して自炊するということになりますが、その分だけ費用を節約することができるようになります。