合宿免許の費用をローンで支払う

合宿免許に申し込みをするときには、あらかじめ一定の費用を振り込んでおく必要があります。


この費用については、教習代、宿泊代、食事代、教材代、試験料などがすべてパッケージとなったものですので、個別に支払うよりはかなり格安になっているはずです。しかし、それでも合宿免許の費用をトータルで見ると、安い場合であっても20万円台にはなってしまうのが実情です。

とくに裕福な人を除けば、この費用はかなりの高額であり、まして学生などが合宿免許にチャレンジする場合はなおさらのことといえます。



そこで、多くの合宿免許では、専用のローンを組むことができる制度をもっていますので、もしも金銭的な余裕がない場合には、こうしたローンを活用してみるのもよいといえます。ローンは当然ですが個人の信用状況を判断してお金を貸し付けるというしくみですので、申し込みをすれば誰でも利用できるというのではなく、一定の審査があります。



申し込み時点で未成年の人の場合、ローンの審査は本人の収入やアルバイトなどの勤務実態そのものよりも、むしろ保護者の年収や職業などが重要視されることがあります。



ローンの審査に通過した場合、正式に合宿免許の申し込みができますが、支払いについては、入校した翌月から、毎月少額ずつ銀行口座から自動的に引き落とされるというのが一般的です。また、提携ローンの種類によっては、受講する本人が大学を卒業して社会人になるまで返済を猶予できるといったリーズナブルなものもありますので、あらかじめ確認をしておくことが望まれます。